右手はつめたい

アニメ・ゲームの感想、レポをまとめるところ。

HAYATO担はトキヤ担になれるのか

考え始めた原因のツイート

 

私がいくら一ノ瀬トキヤの担当と言えど、私たちの世界に実際に一ノ瀬トキヤというアイドルが人間としてしっかり存在しているわけではなく、私たちはゲームやアニメ、グッズ、CDや声優さんたちによるライブ等を通して彼らの世界に触れ、そして応援している。だけどうたプリの世界の中で彼らを応援しているファンの中には、一ノ瀬トキヤを応援している人と、HAYATOを応援している人、その両方である人が存在するはずで、そのことについて考えていったらずぶずぶと抜け出せなくなってしまった。

①一ノ瀬トキヤとHAYATOを応援している人

これは多分HAYATO時代からのファンが圧倒的なのかなと思う。

春ちゃんも熱烈なHAYATO担でした。毎日テレビでHAYATOを見て元気を貰って、雑誌やポスター、CDなどをたくさん買って太陽みたいなHAYATOのことを応援していた人たち。

そしてST☆RISHが結成される前に、HAYATOはその存在を世界から消し去り、本当の姿である一ノ瀬トキヤとして誕生します。

ゲームをプレイしていたり、アニメを視聴していた私たちは第3者の目線でHAYATO=トキヤという方程式が頭の中で出来上がっているので、あまり驚きや意外性を感じることなくストーリーを受け入れることができます。

そして、一ノ瀬トキヤとHAYATOの両方を応援している人も、HAYATOを演じ続けるのがトキヤにとって苦痛に感じるなら、一ノ瀬トキヤとして芸能界をまた1から始めてもいいし、そうなったとしたら私は今度は本当の姿である一ノ瀬トキヤを応援しよう」という気持ちになり、一ノ瀬トキヤも応援し続けるのです。

ですがHAYATOも好きだったのは事実で、彼のことも凄く好きだったし今も曲を聴いたりカラオケで歌ったりするからグッズも捨てずに残してあったり。うたプリの世界ではHAYATO時代のCDやグッズなんかは高値で取引されてそう。

一ノ瀬トキヤを受け入れることができ、そして過去のHAYATOも現在の一ノ瀬トキヤも応援している人はこんな感じだと思っています。

 

②一ノ瀬トキヤを応援している人

HAYATO時代のトキヤを知らない人でST☆RISHで初めてその存在を知り好きになった人、或いはHAYATO時代を知っていたが当時はファンというほどでもなかったけど一ノ瀬トキヤの振る舞いの方が自分の好みに合っていて、一ノ瀬トキヤだけを好きになった(HAYATOはあまり好きではなかったけどトキヤは好きも含まれる)などの人たち。

 

HAYATOのメディア露出が多かったのでHAYATO時代を知らずにトキヤを知り好きになった人はあまりいなそうですが、もしいたなら彼女らがネットで一ノ瀬トキヤの過去を知ったらどんな気持ちになるんだろう。それを考えるのもつらいなあ。

 元々クールな性格の芸能人が好きな人とかはトキヤに変わってから応援する人もいそう。

このタイプの人たちはそれほど彼の過去に対して別段深い意味をもっていないか、過去があったから今が余計輝いて見えると感じていたり、もうHAYATOになることもないのならトキヤだけを応援していればいい、という捉え方をしている人たちだと思います。

良い意味でさっぱりしてる。

 

HAYATOを応援している人

おそらく一番闇が深いであろう人たちです。

 

 大体こんな感じだと思います。

それにプラスして、テレビの前とプライベートでは性格や喋り口調が全然違う芸能人も珍しくないこの現代で、「そのキャラをやってきたのなら芸能界引退までずっとそのキャラでやっていくという強い覚悟が足りない」とか「中途半端にキャラ作ってでも自分が苦痛だからやめますっていうのは都合良過ぎ」とかそういう意見もありそう。

あとはトキヤの本当の姿の性格が合わないとか、クールな芸能人よりも常に元気で常に笑顔満開の人の方が好きとかそういう人たち。

自分の好きなアイドルが偽りの姿でいるのが辛いから本当の姿のまま芸能活動をさせてほしい、と突然言われた時にファンは受け入れられるのか?という問題になります。

そうなった時に、受け入れられない人たちが一ノ瀬トキヤを応援することができずもういないHAYATOを追いかけているファンということになります。

多分、HAYATOだけを応援し続けているのはとてもつらいことだと思います。

もしHAYATOのことが好きでいつも話をしていた友人がトキヤを応援するようになってしまったらきっとその人とはHAYATOの話は出来ないだろうし、TwitterなどのネットやSNSでももうトキヤの話でもちきり。次第にトキヤが地雷になってトキヤのことが好きな人の事をブロックし始め、最終的には自分と解釈違いでないHAYATOファンとこっそり語り合うか自分と対話するしかない。SNSはそうやって情報を無理やり取捨選択して自分の城塞を築き上げることができるけど、世間はちがう。

世界でも通用するようになったアイドルの話題は毎日のようにテレビで放送され、ドラマの俳優としても抜擢され、歌番組には引っ張りだこ。ラジオ放送も冠番組をもっているだろうし街に出れば大きく電光掲示板に映っていたりする。

そんな世界でHAYATOだけを応援し続けるのは正直本当に辛いと思う。

或いは学校や職場で「○○さんHAYATO好きだったよね?トキヤって最近何かドラマとか仕事してるの?」等、単に情報が欲しくて軽いノリで聞かれようものなら地雷を踏み抜かれて卒倒する勢いだと思う。悪意のない人に地雷を踏み抜かれるのは本当に辛いです(体験談)。

HAYATOとトキヤは同一人物なんだから、とか言われても理解できない。彼女らの中ではHAYATOと一ノ瀬トキヤは別人でHAYATOが虚像であったとしても自分がHAYATOのことを好きな気持ち、トキヤとして活動したいと言った時の見たことない彼の表情と言葉遣いに流した涙は本物だし、突然世界から自分の一番大好きな人を、大好きな人と同じ顔、同じ声の人から一瞬で奪われたHAYATOファンからすれば、「トキヤよりも、ずっと好きな人を奪われた私たちの方がもっと苦しい。この苦しみは永遠に続くのだから」と思っていると思う。

うたプリアニメをずっと見ていてたまに街の人がスマホうたプリの番組を見ていたり、大勢の人が足を止めて街の大きなテレビの前で息をのんで見ていたりそういうシーンを見るたびにこの世界のHAYATOファンはきっと苦しい顔でテレビを見ていたり視界に入れないようにしているのかなと思うと何だか微妙な気持ちになる。

彼女らにも一ノ瀬トキヤにもHAYATOにも罪はないが、HAYATOだけを応援し続けている彼女らはHAYATOとして芸能界で輝く姿がただ見たかっただけなのだと思う。

もうトキヤがHAYATOをやったところでそれは一ノ瀬トキヤが演じているHAYATOにしか見えないのだし、今更どうしようもない、どうしようもできないけど昔のHAYATOの出ていた番組を見返したりして泣いているんだろうなあ。

 

 

一ノ瀬トキヤを盲目的に応援し続けてきたけど、こういう面にも目を向けて考えてみるのも割と楽しいし、色んな切り口からうたプリの世界に浸ることができると思う。

でも一ノ瀬トキヤを例としてここでdisるようなことを書いたけど正直書いててしんどかった・・・。でもそれはあくまで例で、もしかしたらうたプリの世界ではファンが全員トキヤのことも大好きになっているかもしれないので、ここに書いてあることは全部想像です。

私はHAYATOも一ノ瀬トキヤも好きです。グッズが出たら「可愛いかっこいい」と言ってすぐ買う、CDを聴いたら「しんどい~~;;;;」と言うだけの能天気なトキヤ担です。トキヤのやりたいことをやったら何でも応援するしトキヤが幸せならそれでいいタイプです。

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村