右手はつめたい

アニメ・ゲームの感想、レポをまとめるところ。

うたプリ13話感想@うたプリありがとう

感想の前に

年が明けましたね。

もう中旬に差し掛かっていますが明けましておめでとうございます。

 

前回の感想からブログ自体更新されてなかったんですが、正直うたプリ#9からの音也の話を視聴してから軽い鬱状態が続いて、感想を書ける精神状態ではありませんでした。音也担よりもショック引きずってました。

それでも音也回の感想は必ず書かなければいけないと思ってるので、後で9話〜11話くらいまでまとめて感想をあげたいと思っています…。

とりあえず今回は最終話の感想のみを書きます。ある意味心が震えました本当に。

 

ついに最終回!

毎週の楽しみがまた終わってしまうんだなあと思うと寂しい。

でもまた新シリーズがあるようなので、それに向けてひたすら待っていたいと思います。その間にうたプリにたくさん貢ごうね

 

散々焦らされたスタリの出番です

冒頭にへぶんずとカルナイによる前話からの引継ぎ(尺合わせ)により、ようやく本番前に出揃うスタリの面々。

今回の衣装は黒をベースにした衣装で各々のモチーフカラーが彩られているデザインで衣装としてみるとアニメシリーズ内では1,2を争うくらいに好みかもしれないです。前回のマジレボの衣装は凄い社会人感出てたから・・・・。

ところで春ちゃんいつも廊下に立ってたけどあれは何??

席はあるけど我慢できなくて廊下まで出てきちゃったの??大丈夫???

 

トキヤ「人は誰しも、心の中に、奇跡の物語を持っています。私たちST☆RISHの奇跡はとても尊くて、虹のように眩いものです」

翔「七海と俺達で作ってきた、大事な物語だな

春歌「はい!」

音也「覚えてるよね、七海。初めて会った時のこと」

レン「あれが俺たちの運命の始まりだったんだ」

真斗「決して語られることのない、巡り会いの奇跡もある」

翔「いつだって七海に励まされて」

那月「一緒にいると、楽しくて」

トキヤ「歩き出す勇気を、もらいました」

セシル「春歌がいなければ、ST☆RISHは存在しませんでした。7人が一緒に歌うことも、できませんでした」

春歌「皆さん。私、皆さんと一緒の思い出、ぜんぶ! ぜんぶ絶対に忘れません」

 いやいやいや春ちゃんそれ死亡フラグ立ててるみたいな台詞だからね!?

真斗「俺たちは、永遠などないと知った」

レン「明日のことは、誰にもわからない」

音也「だからこそ、今日という日、現在という時間を大切にするんだ!」

翔「ああ!で、これからも上見て進んでいって、なんかすげーもんつかもうぜ!」

那月「はるちゃんとぼくたちと! みんなでいっしょに!」

 そういってみんな抱きしめるからさ~~~!!!うたプリって乙女ゲームだったわって改めて気付かされたわ!!!!!

 

 

 

闇に光を灯し 荒野に花を咲かせ

心を大空に飛び立たせる

音楽は世界を変える・・・!

 

 この台詞でまず泣きました。

1000%のセリフだ~~~!!!そのセリフが今出てくるということは、今までの成長を本当に出し切る回なんだなって感じました・・・もう鳥肌・・・・・・・;;;;;;;;;;;

語彙力が死んでる~~~~~~;;;;;;;;;;;;

WE ARE ST☆RISH

「さぁ今キスよりすごい歌が本当にあったとわかる」

 

「それは、君がすべてを賭けて涙して愛した歴史の答え」

 うわわわわうわうわうわうわuuuuuuwwaaaaaaa!!!!!!!!

ここでWelcome to UTA☆PRI World!!ですか!?!?!?!?!

アンサーソングなんですね!?!?!??!

ここでも既に無いHPがマイナスに振り切れました。

もう初見は語彙力無くてただ泣いてました。しんどい;;;;;;;;;;;

 

 

 

これが全てです。

うたプリはゲーム発売当時からずっと応援してたし、今までの中でうたプリアニメ追えなくて熱が冷めちゃった人とか他のアイドルモノに移った人とかいっぱいいたけど私はやっぱりずっとうたプリを好きで良かったなって思いました。

それに、これからもうたプリを応援していきたいです。

スタリもヘブンズもカルナイも、みんな何かを抱えてここまで成長してきたんです。それを彼らの歌や言葉からダイレクトに受け取ることができて感じることができたシリーズだったなと思いました。

ところでへぶんずを攻略するゲームはいつ発売されますか?????

 感想などまたあとから追記していきます。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村